So-net無料ブログ作成

映画「魔女の宅急便」キキ役・小芝風花、保険金1億円で空から登場! [映画]


 女優の小芝風花(16)が主演する映画「魔女の宅急便」(清水崇監督、
3月1日公開)の完成披露試写会が20日、都内で行われました。

それに先立ち東京・新宿の花園神社で行われたイベントでは他の出演者
が見上げる中、魔女・キキ役の小芝がワイヤでつるされながらほうきに乗
って空を飛び登場という演出がされました。

小芝は高さ15メートルまで飛び上がり「やっぱり空は最高です! 魔法を
使えてよかったです」と大はしゃぎしていたようです。

この演出には万が一を考慮し、小芝に1億円の保険がかけられたと関係者
は言っていたようです。

イベントには、他に倉木麻衣、広田亮平、尾野真千子、宮沢りえ、筒井道隆
らが参加したようです。

「魔女の宅急便」は角野栄子氏の人気児童小説で、宮崎駿監督によって
1989年に同名でアニメ映画化されていますね。そして今回は実写化となる
ようで、アニメと比べてどんな感じなのか、楽しみにしたいと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「GODZILLA」解禁!渡辺謙「本家を踏襲してくれた」と感激! [映画]

来年7月25日公開で俳優、渡辺謙(54)がメーンキャストを務めるハリウッド版
「GODZILLA」(ギャレス・エドワーズ監督、)の予告編と第1弾ポスターが
10日、解禁されましたね。

渡辺は「『本家』の気持ちを、ちゃんと理解し、それを壊すのではなく踏襲してくれた」
と大満足のようです。日本では公開を前に、過去作品を一挙上映することも決定したようで
来年はゴジラを満喫できそうです。

日本版も含め2004年以来の新作で、ベールに包まれていた新ハリウッド版「GODZILLA」
が一部、初公開、まずは20日から全国の劇場に第1弾となるポスターが配布される。
このポスター、左端には、ファンなら一目で分かるゴジラの背びれが見えている。

そして同日公開の予告編では、オリジナル版そっくりなゴジラのシルエットと甲高い鳴き声も解禁
されるようです。

また、渡辺も出演した「インセプション」などを手がけた米映画会社、レジェンダリー・
ピクチャーズによる最新VFXを駆使したリアルな描写は圧巻らしく、こちらは、11日に
開設される公式サイトでも公開されるようです。

今作は、1998年公開の米国版「GODZILLA」に続き、再びハリウッドが日本の作品
のリメークを行うというもの。98年版は、ゴジラのデザインが日本と大きく違い、ファンの間で
物議をかもし出したようですが、今回はゴジラファンを公言するエドワーズ監督が何カ月もかけて
オリジナル版を尊重して制作したようです。撮影は今年3月から7月に米ハワイとカナダ・バンク
ーバーで行ったということです。。

メーンキャストの1人を務めた渡辺は「僕ら日本人はゴジラの『本家』。その『本家』の気持ちを、
監督はちゃんと理解してくれていて、それを壊すのではなく踏襲してくれた」と太鼓判を押し、
「いま起こっている問題もきちっと織り込んだ素晴らしい脚本。ゴジラという生物に対しての興味と、
現実社会の中で起こりうる恐怖がせめぎあっている。日本の苦悩みたいなものがうまく織り込まれて
いる気がします」と自信を見せたようです。

監督もそんな渡辺の演技を、「彼のような役者はめったにいない。彼は抑えた芝居で最大のものを
表現している」と絶賛したようです。

渡辺も監督も太鼓判を押し合ったゴジラ、来年の夏の公開が楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

実写版ルパンのキャストに異論 「峰不二子はメイサより真木よう子?」の声! [映画]

40年ぶりの実写化が決まった「ルパン三世」(北村龍平監督=来夏公開予定)、
最も難航したキャスティングが峰不二子だったそうです。
その峰不二子役に最終的に黒木メイサ(25)が抜擢されたそうですが、ファン
間では不満が噴出しているらしいですね。

まあ、峰不二子といえばダイナマイトバディーと色っぽい声が思い浮かびます
ので黒木メイサというとちょっと違うかなという感じですね。

決まるまでには色々あったようで、沢尻エリカにオファーを断られた、仲里依紗
の名前も挙がったなんて報道もあったようです。

映画で峰不二子に要求されてことは、革のつなぎが似合うダイナマイトボディー。
アクションもこなせ、知性も感じさせ、かつミステリアスということらしいですが
がなかなか、見つからなかったようです。

ネット上でも、「黒木じゃないだろ」「だったらローラ」「スタイルなら佐藤江梨子」
「壇蜜でもいい」などという意見もあったみたいです。

昨年の「峰不二子、実写で演じるなら誰?」というgooランキングの調査では
、ダントツの1位は藤原紀香で、以下、(2)杉本彩(3)米倉涼子(4)吉瀬美智子
(5)黒木メイサ(6)小嶋陽菜(7)栗山千明(8)篠原涼子(9)山田優
(10)鈴木京香という結果だったそうで、黒木メイサは5位にランクインされていて
黒木メイサをイメージした人も結構いたので根拠がないわけではないようです。

1位の藤原紀香は私もそう思った位ですからピッタリだと思うのですが、ルパンの役が
小栗旬ということで、年齢的に合わないということのようです。

9位の山田優の場合は夫婦になってしまうのでこれもダメということのようです。

峰不二子は声も重要で不二子のイメージは声で決まるといってもいいようで、テレビ第1
シリーズで不二子の声優だった二階堂有希子さんのような、セクシーだけど品も感じ
させる声が望まれるのだそうです。

現段階ですべての条件に近いのは映画ライターによると真木よう子(31)らしいですね。
カラダは不二子そのものだし、映画化されたドラマ『SP』でアクションもこなしている
ということのようです。

確かに真木よう子のカラダは不二子に近いですね、ただ声にセクシーさがない気がしますが。

10年前だったら、間違いなく藤原紀香だったようですが。

ちなみに、小栗旬のルパンにも異論は出ているようで、ネットでの人気は、大泉洋(40
なのだそうです。

なにはともあれ、不二子が黒木メイサということで革のつなぎが似合うスレンダーなクール
ビューティーな不二子という感じでしょうか。

どんな感じになるか、来夏を楽しみにしたいと思います。















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

NHKスペシャル「ダイオウイカ」映画化決定 8月17日から全国順次公開! [映画]

NHKスペシャルで放送された「ダイオウイカ」が反響を呼び
なんと映画化が決定、この8月17日から全国順次公開される。

正確には今年の1月に放送された、科学ドキュメンタリー
「NHK スペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ」がその
番組、映画では「劇場版 NHK スペシャル 世界初撮影!
深海の超巨大イカ」というタイトルで、8月17日から東京・テアトル
新宿ほかにて順次公開される。

劇場版は、新たに制作されたオリジナル映像(8分程度を予定)
を加え、テレビでは放送されなかったダイオウイカ撮影の舞台裏
を紹介しているのそうです。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
NASA World Wind

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。