So-net無料ブログ作成
検索選択

松山英樹は石川遼が“反面教師”小技を磨き、スポンサー選びは長い目で! [スポーツ]

 今年度のジャパンゴルフツアーの表彰式が9日、都内のホテルで開催されました。
ルーキーで史上初の賞金王に輝いた松山英樹(21)が最優秀選手賞など史上最多
の9部門で受賞、500万円の賞金と抱えきれない副賞を手にした結果となりました。

その一方で、どこかバツが悪そうだったのが石川遼(22)だったようです。史上
最年少で賞金王になった2009年には松山同様、9部門で表彰を受けたましたが、
今では主役の座をすっかり同級生に奪われ、影が薄くなってしまいました。7年連続
でMIP賞は受賞しましたがこれは「最も輝いていたプレーヤーに贈られる」という
ファンからの投票で、米ツアーでシード権を逃し、プレーオフでどうにか来季出場権を
手にした石川が受賞すること自体、「いかがなものか」という声が会場のあちこちから
聞こえたようです。ちなみにMIP賞は得票数もダレがどれくらい投票したのかも明らか
にされていないようで組織票をどっと集めたともウワサされているようですから、もらっ
た本人が一番恥ずかしかったかもしれないですね。

あらためて、2人の明暗がハッキリしたこの1年間だったようです。
今季、米ツアーに本格参戦した石川は飛ばしにこだわり、腰を痛めて低迷したのに
対し松山は石川から米ツアーの芝やグリーンなどのコース情報を入手し、飛ばしでは
なく、アプローチやパットの精度を高め、結果、全米、全英とメジャー大会連続で
ベスト10入りを果たし、プロ転向後わずか6試合で米ツアーシード権を手に入れる
という偉業を達成してしまいました。

 スポンサー選びにしても、石川はプロ転向後、大金をかき集めるように複数の
企業と契約を結びましたが、トヨタパナソニックと、わが国を代表する企業との
スポンサー契約は長続きしませんでした。その点でも松山は石川とは違って、世界で
通用することを証明したうえで、長期でスポンサードしてくれる企業を選ぶ方針なのだ
そうです。目先のカネよりも、慌てず、長い目でスポンサーを募るのも石川の失敗から
学んだとゴルフ記者は言っているようです。

松山にとって、石川は格好の反面教師となったようですね。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
NASA World Wind

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。