So-net無料ブログ作成

「GODZILLA」解禁!渡辺謙「本家を踏襲してくれた」と感激! [映画]

来年7月25日公開で俳優、渡辺謙(54)がメーンキャストを務めるハリウッド版
「GODZILLA」(ギャレス・エドワーズ監督、)の予告編と第1弾ポスターが
10日、解禁されましたね。

渡辺は「『本家』の気持ちを、ちゃんと理解し、それを壊すのではなく踏襲してくれた」
と大満足のようです。日本では公開を前に、過去作品を一挙上映することも決定したようで
来年はゴジラを満喫できそうです。

日本版も含め2004年以来の新作で、ベールに包まれていた新ハリウッド版「GODZILLA」
が一部、初公開、まずは20日から全国の劇場に第1弾となるポスターが配布される。
このポスター、左端には、ファンなら一目で分かるゴジラの背びれが見えている。

そして同日公開の予告編では、オリジナル版そっくりなゴジラのシルエットと甲高い鳴き声も解禁
されるようです。

また、渡辺も出演した「インセプション」などを手がけた米映画会社、レジェンダリー・
ピクチャーズによる最新VFXを駆使したリアルな描写は圧巻らしく、こちらは、11日に
開設される公式サイトでも公開されるようです。

今作は、1998年公開の米国版「GODZILLA」に続き、再びハリウッドが日本の作品
のリメークを行うというもの。98年版は、ゴジラのデザインが日本と大きく違い、ファンの間で
物議をかもし出したようですが、今回はゴジラファンを公言するエドワーズ監督が何カ月もかけて
オリジナル版を尊重して制作したようです。撮影は今年3月から7月に米ハワイとカナダ・バンク
ーバーで行ったということです。。

メーンキャストの1人を務めた渡辺は「僕ら日本人はゴジラの『本家』。その『本家』の気持ちを、
監督はちゃんと理解してくれていて、それを壊すのではなく踏襲してくれた」と太鼓判を押し、
「いま起こっている問題もきちっと織り込んだ素晴らしい脚本。ゴジラという生物に対しての興味と、
現実社会の中で起こりうる恐怖がせめぎあっている。日本の苦悩みたいなものがうまく織り込まれて
いる気がします」と自信を見せたようです。

監督もそんな渡辺の演技を、「彼のような役者はめったにいない。彼は抑えた芝居で最大のものを
表現している」と絶賛したようです。

渡辺も監督も太鼓判を押し合ったゴジラ、来年の夏の公開が楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
NASA World Wind

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。